スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--.--.-- | | スポンサー広告

林檎ブランデー

DSCN5117.jpg



秋の夜長とブランデー。

常温をストレートで。
小さな焼き林檎をころがしながら、のんびり味わっています。

誰かと。
もしくは、過去の大切な人と。

目に見えない、時間というたからものを共有しながら。




おすすめメニューの紹介でした。












スポンサーサイト

2009.10.17 | | コメント(0) | トラックバック(0) | のみもの

オーガニックワイン週間

1186196056_221.jpg

片手にワインを。

そして、バケットを咀嚼しながらソレで流し込む。

一連の動作が会話と供に繰り返される時間。

パンくずが床に落ちる度に私たちは伏せ目がちに笑いあう。


オーガニックワイン週間はじまりました。

月曜日からはじまり、本日で2日目です。

ワインとバケットのバールというのも良いものです。

なんだか無駄なものが削ぎ落とされていく感じがします。

バケットだけで美味しいし。ワインを染み込ませるとワインの味が増すように感じられます。

バケットに自家製のペースト達やピーナッツバターをつけても美味しい。

チーズをのせても美味しい。

有機農法野菜のサラダに、スモークベーコンや干し肉。

そのシンプルさから考えると、なんだかうちのお店のメニューは

まだまだ無駄な商売っ気がたっぷりあるようです。

この週間が自分自身気に入ってしまったのか、

これから、オーガニックワインを普段からも仕入れようかなと思っています。

半分以上飲んでいるのは自分かもしれませんけれど。。


そしてメニューの改善を即急に行いたいです。

カクテルもいままで通りだしていきますが、

結局、私はバーテンダーではないので、混ぜなくても魅力的なお酒を

美味しいオードブルと一緒に提供するのが役目なのかと思います。

食べ物のメニューの簡略化とランチメニューの改善(500円ランチは続けます)

飲み物の見直しなど。

品数は少ないけれど厳選されたメニューを作っていきたいですが、

色々とあって、今すぐにはできそうにないですね^^;

このご何度も改良を加えてたどり着けるとよいのですけれど。


それと、庭のあるお店に引っ越したいと思うのはまだ先の夢のはなし。


2009.06.03 | | コメント(2) | トラックバック(0) | のみもの

この季節にピッタリのオーガニックワイン。

DSCN33542.jpg

この季節にピッタリのオーガニックワインが届きました。

フランスの製造者の方が日本に初めてきたときにみた桜をイメージして作ったワインです。

すっきりと飲める、大人風味なロゼワインです。

600本限定なので、再入荷予定はございません。

気になられる方は是非飲みにいらしてくださいね。

2009.04.01 | | コメント(0) | トラックバック(0) | のみもの

かふぇのみ その1

『かふぇのみ』というものが近々流行っているそう。
カフェとバーという混合スタイルは近年増えてきている気はしますが、
どうもカフェでお酒を注文しようという気は私には起きなかったりします。

バーのほうが断然お酒が美味しいからというのもありますが、
カフェにはカフェメニューという楽しみがあると思うからです。

そう考えると、うちのお店のドリンクの立場は少し曖昧かもしれません。
カフェを名乗りつつ、アルコールの方が品数が多いです。
アルコールの仕入れのこだわりも多少なりにあります。
しかしバーという程にお酒主体でもなければ、
最近のカフェほどの可愛らしいお飲み物が存在するわけでもありません。
スタバのなんちゃらフラペッチーノ(?)はパフェでしょうか?と思ってしまう世代なので。


カフェとお酒。


ここにきて、そこの関係性についてもう一度考えたほうが良い時代になったのかもしれませんね。

ちなみにまったく関係はないですが、私はカフェという響きより喫茶店という響きのほうがすきです。
そして居酒屋よりはバーという響きがすきです。
混合した新しいネーミングでもあればよいですね。

さて長い前説はおいておいて、

おみせの厨房を占領したお酒。が邪魔そうに眺められる昨今。

しかしここにきてようやく、私の肩身の狭いお酒好きが「ほらみたか、ははは」と

威張れる今日になり(なりつつあり?)、よし当店の出番だと思っている私は

当店のおすすめのお酒をブログでご紹介しようと思いたちます。

(スタッフに新しいお酒を買って場所を占領しても胸をはれるように)

ということで、第一回目は女性にも人気がありそうな可愛らしいボトルの梅酒をチョイスしました。


090310_2208~00012


「UMESHU DE FRANCE "PRUCIA"」


プルシアはフランス梅酒でアロマのように口の中に香り、深い甘みが後味に残ります。

私も梅酒の中では愛飲の一本です。

広がる、残る甘さが美味しいので、食後のデザート代わりなどにもなかなか良いです◎

仕入れ元はサントリーだったりして、匠達の一杯というわけではないのですが、

美味しいものは美味しいので、ぜひ一度お試しください。


それではおやすみなさい。


************************************
今週のスケジュール
月曜 休業
火曜 休業
水曜 通常通り
木曜 通常通り
金曜 通常通り
土曜 昼 バーガーショップ tetraオープン
    夜 村瀬さん
日曜 「優然 書道展」 20日まで

2009.03.11 | | コメント(0) | トラックバック(0) | のみもの

チョコラテ

DSCN29011.jpg


石油ストーブの周りには私と私の隣に母と私の迎えに姉がいる。

ストーブの上には我が家で使い古されたミルクパンがひとつある。

我が家のミルクパンで三人分のミルクを温めて、その中でチョコの欠片を溶かしている。

そのチョコの欠片を溶かす間に、私は、私の隣にいる母と、私の迎えにいる姉との

しばしの談笑を楽しむとしよう。

もしかしたら、明日にはないかもしれない光景なのだから。


『ieカフェ チョコラテ』

必要
ミルク 適量
粉末コーヒー お好み
HERSHEY'S 数欠片
マシュマロ 一つ
フレーバーシロップ(今回はラズベリー) 適量
粉末ココア 適量

あるといいよ。
生クリームか粉末クリーム
ヘーゼルナッツシロップ

ieカフェでお出ししているカフェラテは独特な甘さのあるHERSHEY'Sを溶かして作っています。

甘すぎる場合はビターでと言って頂いた方がよいかもしれませんね。


ミルクで粉末のコーヒーとチョコの欠片を溶かします。あればヘーゼルナッツシロップを入れてください。


ラズベリーシロップなどを染み込ませたマシュマロを焼きマシュマロにして上に載せます。

(面倒でしたらレンジで20秒程チンしてください)


粉末ココアを振りかけて出来上がりです。




写真ミスしていたので、後に撮りなおしたものをアップするかもしれません^^;

テーマ:cafe - ジャンル:グルメ

2009.03.07 | | コメント(0) | トラックバック(0) | のみもの

«  | ホーム |  »


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。