スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--.--.-- | | スポンサー広告

TrioMono 新年ライブ

DSCN7664.jpg
大柴拓(Guitar) http://www.taku-oshiba.com/
吉田篤貴(Viola) http://ameblo.jp/atsuki-viology/
羽鳥美紗紀(Flute) http://yaplog.jp/swinging-cat/

1/16はTrioMono 新年ライブ。
定期的にライブをひらいて下さっている、TrioMonoの御三方です。
みなさん、いかがお過ごしでしょうか。
明日は満月ですね。
冬の空は空気が澄んでいて、静けさが際立ち、
なんだか別の音が聴こえて来そうです。
先日はそんな寒空の下、大柴さんたちが
まるで長旅から帰って来たかのようにご来店。
思いっきり羽をのばしたリハーサル。
そしてその空間はアコーディオンのようにきちんとたたまれ、
本番の、お客さんの胸の中に。
 
私は、音楽の演奏に慣れた耳を持っている訳ではないので、
生きて来た分だけの音楽の記憶しかありませんが、
TrioMonoの演奏中の表情の豊かさ、
国を越えて今届いたかのような尊さは、
目を見張るものがあります。
特にアンコールの最中の大柴さんの表情は、
まるで、愛娘が初めて立ち上がったのを抱きしめるような、
愛しいものに対する喜び、慈しみ。
上の写真には写ってません。
写せませんでした。
 
次回のTrioMonoのライブは春4/3(日)に町田であるそうです。
詳しくはhttp://www.taku-oshiba.com/にて。
 
よろしくお願いします。

磨知


スポンサーサイト

2011.01.19 | | コメント(0) | トラックバック(0) | いべんと

«  | ホーム |  »


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。