スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--.--.-- | | スポンサー広告

お酢で漬ける(ピクルス)

DSCN2834.jpg


野菜を並べて準備します。


野菜はできるだけ無農薬で作ったものが良いです。

無農薬だから良いというだけではなく、しっかりと野菜の味があるからだったりします。

最近の大量生産野菜は味のない野菜を作っているそうです。

というのも農家などから大量に野菜を消費する先、例えばファミレスなどは味のある野菜より、

味のない野菜を求めているからだそうです。

料理の邪魔しない程度の野菜の味がやはりいいのでしょうね。

私も野菜自体に詳しいわけではありませんが、野菜好きの方なら食べたらよく分かると思います。


ie cafeのピクルス
美味しい野菜を長く保つためにお酢の力を借りて作るピクルスです。

・ピクルス入れる容器
100均製品のビンなんかも蓋にアクリル絵の具で色を塗ってあげたりすると割りと可愛くなりますよ。
塗らなくても可愛いものありますし。
ガラスの密閉容器なども売られています。
アクリル絵の具も100均で売られています。

・野菜 キュウリ、ニンジン、パプリカ、レンコン、セロリ、カリフラワー、キノコ類などなど。 
     お好みです。

・漬ける液
ワインビネガー(白でも赤でも。赤だと白野菜に色がついちゃいますけど。) 200cc
塩 小さじ2杯 (17グラムくらい)
砂糖 1/3カップ (70グラム)

『あるといいよ』
胡椒 適量
ローリエ 数枚
ナツメグ 適量
タカのつめ 数本

なんとなくでいいと思います。
水で薄めたり、だし汁で薄めたり、思いつきでやってみたら面白いと思います。
ただ薄めすぎるとお酢の保存効果が薄れてしまうので注意して下さい。
他のスパイスも合うので試してみてください。



ワインビネガーを鍋にあけて他の材料を入れて煮出す。
沸騰したら火を止めて液を冷ます。その間に野菜とタカのつめを洗って容器へと詰める。
(根菜は一緒に湯がいてたり、別にお湯で湯がいたりして少し柔らかくしてもよいです。)

②冷めた液を野菜の入った容器へと入れて冷蔵庫で1日寝かすと自家製ピクルスの完成です。





お皿に載せて頂きます。





DSCN28512.jpg





サラダ代わりや、晩酌のお供に。


テーマ:野菜 - ジャンル:グルメ

2009.03.05 | | コメント(0) | トラックバック(0) | ごはん

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

«  | ホーム |  »


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。