スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--.--.-- | | スポンサー広告

itella_Lab vol.01 「ANDY」

DSCN7287.jpg
itella_Lab vol.01 「ANDY」
2010年11月13日(土)~14日(日)全4ステージ

■キャスト
小川拓哉、和泉奈々、小林真梨恵、工藤ケンタ  他

■スタッフ
作・演出・構成/office 5960
音楽/工藤ケンタ
振付/小林真梨恵
演出補佐/原田優理子(トリのマーク(通称))
企画・製作/itella
DSCN7327.jpg
探し求めた 片割れを見つけて、
またくっついても、頭はやっぱりふたつ
あなたとわたしはちがうもの

身体をくっつけあって どんなに深く入り込んでも、
あなたの手はあなたの、わたしの足はわたしの、
脳味噌はくっつかない (ITELLA websiteより抜粋)
DSCN7294.jpg
■「itella(イテラ)」について
舞台音響家・作曲家の工藤ケンタ(STUDIO ELEPHANT)と、
俳優・ダンサー・振付家の小林真梨恵によって結成された、
パフォーマンスユニット。演劇を軸に、ダンス・音楽を
融合させたパフォーマンスで「人間」を表現することを目的とする。

 
訓練された人の動きを見ていると、劇中はもちろん、
何気ない仕草にも感動を覚えてしまう時がある。
背筋が伸びていて、凛として、
単位は全然違うけれど、まるで山のような不動の存在感。
 
カウンターの中から拝見していて、
向こう側で起きていることに、無色透明なロマンスを感じました。
そして、今まで自分が体験させていただいた鋭利な表現の数々の片鱗を
思い起こしておりました。
 
すごく個人的な内容で申し訳ないのですが、
以前神楽坂のセッションハウスで、上村なおかさんの手招きの仕草に
息がしばらく止まるほど惹かれてしまったことがあったのですが、
あの時の「今、すごいものを見てしまった・・・」という感じの糸が
「ANDY」の場まで伸びていました。
 
次はどこへ伸びて行くのでしょうか。


「なぜ、身体はここにあり、表出することを欲求するのか」上村なおか
http://www.naoka.jp/Naoka_Uemura_Official_Web_Site/Welcome.html

余談ですが、「ANDY」舞台が始まる前のウォーミングアップは
体の体操も頭の体操も楽しげで、こちらもご紹介したいほど。
そして休憩中に音楽の工藤さんが流していたRADIOHEADの
ライブバージョンの“I Might Be Wrong”と“Idioteque”がかっこよかった。。。
 
RADIOHEAD
http://www.radiohead.com/deadairspace/

ITELLA official website http://www.itella.jp/
websiteからitella小林さん、工藤さんのblogが読めます。

よろしくお願いいたします。

磨知
 

2010.11.17 | | コメント(0) | トラックバック(1) | いべんと

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://omiseyalife.blog26.fc2.com/tb.php/168-6dd993ef
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

bemstarさんのブログに

 先日の公演について、記事を書いていただきました。店長マチさんが撮ってくださった写真とともに載っております。ご覧ください。http://omiseyalife.blog26.fc2.com/blog-entry-168.html早くもie cafeの煮込みカレーが恋しい。

2010/11/18 09:49 | のっぽさんのあしおと。

«  | ホーム |  »


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。