スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--.--.-- | | スポンサー広告

「Improvisation duo&duo」

DSCN7380.jpg
Improvisation duo&duo
鈴木美紀子(g)+露木達也(perc) duo 
黒澤勇人+田中慎太郎
 
DSCN7373.jpg
何かの示唆だとか、何かの兆しが日常に潜んでいる。
 
即興演奏の楽しみ方は人それぞれだと思う。
指揮者が居て、オーケストラが在って、というのとは違う。
 
人は反応し続ける生き物なんだな、と、11/19の晩は
ぼんやり考えておりました。
duo&duo。
鈴木さんと露木さんの演奏はとにかく分かれ道がたくさん設置されていて、
「あ、そっち選ぶんだ」「今度はこっちか」というふうに収束されて
行くかと思えば、分かれ道だけで構成されたコロニーの中に居てしまう。
ひとつ前のフレーズが頭の中に反響していて、
それは同じ空間に居た人にも確実に聴こえてはいるはずなのだが、
自分の中に入り込んだ音の分子は、
なんだか外の音と分裂しているような。
 
黒澤さんと田中さんの演奏は、黒澤さんのギター演奏を田中さんが
ミキサーでいじる(・・・おそらくこの説明は間違っていると思われます)もの。
手綱はどちらが握っていたのでしょうか。
こちらの二人は電子コードで繋がれており、
自由と不自由について暫し考えました。
 
私はこのように視覚に頼って音を鑑賞しているわけですが、
せっかくのduo&duo、次回があるとすれば
目を閉じるか、部屋を停電させて楽しみたいです。



関連
露木達也http://drumand.petit.cc/
鈴木美紀子http://rengoku-circus.info/ar_suzukimikiko.html
黒澤勇人http://bucanh.exblog.jp/
田中慎太郎 http://shintarotanaka.web.fc2.com/index.html

 
よろしくお願いします。

磨知

2010.11.22 | | コメント(0) | トラックバック(0) | いべんと

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

«  | ホーム |  »


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。